「shun」さんのページ

総レビュー数: 60レビュー(全て表示) 最終投稿: 2014年07月14日

プロットはとても良く、エピソード集としてはいくつかとても良い話があったように思う。
しかし主人公の物語との関わり方が物足らなく感じてしまう。
素材は良いのにうまく活かせなかったパターンだ。

画は作風とあってはいるが、感情表現の魅力があればもっと物語を深くできたと思う。

やはりトンデモ設定だが、それによる状況と人々の感情・環境の変化は面白い。
主人公が良い意味でリアル、悪い意味でつまらないため、物語にメリハリがつきにくかった。
最後くらいもっと派手な展開にしても良かったのではないだろうか。
最後の終わらせ方も強引かつ物足りず、もったいないなと思う終盤であった。
終盤の展開が、受け取り方によっては、プロパガンダ的な展開にもなるので、
そこに引っかかる人がいるのもわかるが、特に扇動されるような内容でもない。

展開に粗が多いが、トンデモ世界の出来事として納得できた。
全体的には死を自覚した人々のエピソード集として、飽きずに楽しめた。
期待を大きくしただけに、点数よりは厳し目のコメントになってしまったが、エピソードの平均点は高く、そこは評価したい。

ナイスレビュー: 0

[投稿:2016-09-13 11:34:09] [修正:2016-09-13 11:34:09] [このレビューのURL]

[ネタバレあり]

タイムリープもの。

1巻の引きこまれ具合はかなりのもの。先を読まずに入られない。
終盤まで飽きさせない展開は、全8巻という巻数を含めとても良くまとまっている。

構成は少年期と現代と、現代の進行時を含めてめまぐるしく展開し
だらけるところが少ない。見ようによっては落ち着きが無い。
話の展開自体は良く出来ており、終盤の小手先感を除けば文句はない。
ただ精神年齢30歳の小学生を超越した現実離れした小学生や
結果的に都合よく展開するご都合主義が多くも感じ、
中盤以降白ける部分もあった。

画は上手な部類ではないが、キャラの書き分け自体はできている。
背景がうまく問題なく描けているため、状況に迷うことはない。
地味にカメラワークも無理なことはせず落ち着いている。

全体的に見るとネタバレが早く、尻すぼみ感を少し感じる。
しかしどんどん明らかになる謎と、変わる未来に引き込まれる展開は見事。
終盤にタイトルと繋げるところはうまく出来たと思う。
個人的には小説のコミカライズ版のように感じて、
真相の闇をもっと深くしたり、最後にもうひと狂わせ欲しかったように思う。

ナイスレビュー: 0

[投稿:2016-08-23 13:50:58] [修正:2016-08-23 13:50:58] [このレビューのURL]

個人的にかなり気に入っている作品の一つ。
画はあしたのジョー時代よりもかなり落ち着いた様子で、
今見ると古臭さはもちろんあるものの、味のある昭和の書き振り。
そして背景やモブの描写が素晴らしい。
世界観とよくあっている。

主人公のキャラクターはかなり破天荒で、レイプ未遂や土俵での無礼は
人によっては笑えないレベルかもしれない。
主人公としての魅力ははっきり言ってないが、珍獣が何をしでかすか、
どこまで行ってしまうのかを見守る展開になっている。
特に相棒の田中の立ち位置が絶妙で、主人公松太郎の観察者であり、
サポートキャラであり、ライバルキャラにも変貌する。
田中関連のエピソードには何度か泣かされた。

ストーリーははっきり言って退屈。
年間6場所をこなしている力士のバイオリズムは、練習→本場所→巡礼→練習→本場所と
特にそれ以外の起伏を作りにくいことと、作者の作風によって、終始落ち着いて展開していく。
怒涛の展開を求める人には退屈かもしれないが、定点観測しているような、
ベテラン漫画家の落ち着いた話運びに乗せられて、終盤まで見てしまえる。
もちろん昇進に関わる、優勝がかかった場所はきちんと盛り上がるし、
動きの描写もわかりやすく、とても読みやすい。

相撲ということと、ピークの終わった漫画家ということ、
浮き沈みの少ない作品ということで、あまり知れ渡っていないこの作品。
私は何度も読み返すスルメ漫画として、これからも度々読んでいこうと思える作品であった。

ナイスレビュー: 0

[投稿:2015-04-24 15:49:38] [修正:2016-07-25 11:55:37] [このレビューのURL]

7巻まで読了
現時点で少年漫画として満点をあげたい。
成長・努力・熱さ・設定の面白さと幅・画力(構図)において高レベル。
近年では味わったことない少年漫画ワクワクを味わえた。

構図も見やすくキャラ、動きの魅力もあり、かなり読み応えがある。
個人的にはキャラクターデザインにおいて、書き分けやそれぞれの平均点の高さを評価する。
個性が豊かなせいもあるが、(わざとを除き)キャラかぶりが殆ど無く、読んでいてキャラの立ち位置に迷うことがない。
ライバルや敵の魅力も有り、これからの期待感が高められる。
動きもかなりうまくかけており、盛り上がりポイントをわかっている。
読みやすさを含め、アクション漫画として最高峰と感じた。

展開が単調にならず、飽きることなく読み進められる。
主人公の成長も納得がいく速さで、脇役の「個性」の披露と成長のバランスもよく、
無理な引き伸ばしもなく、読者が置いていかれない。
これからより壮大な展開を創り上げていく事が期待できる。

現代の少年漫画として、ぜひ子供に読んでみて欲しい。
作品の完成度の割に、当サイトの漫画レビュアーが少ないのでレビュー。
今の少年漫画のトップとして、読んで損はないと思います。

ナイスレビュー: 0

[投稿:2016-02-29 10:19:37] [修正:2016-02-29 10:19:37] [このレビューのURL]

[ネタバレあり]

はっきり言って、中盤以降は惰性で見た。
他のレビューでもある通り、中忍試験までは面白いと思ったが、
それ以降は風呂敷の広げ方と、たたみ方に失敗している。
世界観を急に大きくして、展開を大きく動かそうとしたが、
作者の思いと読者である私にズレがあったように思う。
特にサスケをめぐる友情劇は、もはや理解不能のしつこさであり、
作者が伝えようとしているその重みが、こちらまでうまく伝わってこなかった。
その他の世界観も、スケールを大きくしようとすればするほど、読者置いてけぼり状態になった。

絵はのっぺりとした作画に線画で立体化しようとしているのはわかるし、
複雑なトーンを極力使わないようにしているのかもしれないが、はっきり言って見づらいし、
結果的に作品の魅力を半減している気がする。
構図への挑戦はわかるが、動きに魅力がなくカッコいいシーンがパッととしなかった。
キャラクターデザインもワンパターンで、十尾も含め絵的には少し物足りない印象。

前述のとおり、中盤以降は何もやってるんだかと気持ちが乗らないまま終盤まで駆け抜けた。
ダラダラと戦うのではなく、メリハリをつけてもらわないと、戦いの意味が薄れていくように感じた。
中忍試験まではキャラのアイデアと世界観の広さがちょうどよい範囲だった。
いつの間にかいろんなことができるキャラクター達からは、読者の予想を裏切った展開は作り出せない。
序盤で世界観の構築に成功していただけに、その後続くダラダラとした展開は残念だった。
要は怨みが物語の根底にあり、底が浅い作品となってしまった。

ナイスレビュー: 1

[投稿:2016-02-22 10:27:20] [修正:2016-02-22 10:27:20] [このレビューのURL]

6点 幽麗塔

[ネタバレあり]

評価することが難しい作品。
終始一貫した敵である死番虫の不気味さや、強敵さを終盤まで構築できたのに、
二話ほどで手放す謎展開。まるで死番虫の正体が消去法で決まってバツが悪いかのような幕引き方。
終盤から性的マイノリティの話にシフトチェンジして誤魔化しているような印象で、
サスペンスとしてかなり物足りない。中盤も必要性を感じないケシ栽培の村の話でダレるし、
週間連載が故のブレなのかなと感じた。

絵は少しだけ癖があるが、全体的に妖艶で迫力のある絵柄。
背景やその他の描写も舞台装置としては十分に機能している。

かなり頻繁にトンデモ展開を混ぜてくるが、全ては状況をつくり上げるためと割り切っている印象。
24時間潜伏する薬物で、時間内に解毒剤を・・・とか、
実は誰々は血が繋がっていて・・・とか、
サスペンスにありがちなストーリーとトンデモなファンタジーを散りばめた世界観に、
いい加減にしろと思わなくもない。
しかし物語を盛り上げるための展開と、キャラクターの変態性と質感たっぷりの絵柄で、
物語に引き込む力がある。
歪ながら風呂敷はたたみきっているし、道中のドキドキ感やテツオの魅力は楽しめた。
読んで損はしない。

ナイスレビュー: 0

[投稿:2016-02-10 11:34:17] [修正:2016-02-10 11:34:17] [このレビューのURL]

一言、バラシが納得出来ない。
原作はケータイ小説だということを、読後に知った。
原作がおそらく悪いのだろうという印象。
そうであれば原案にし、オチは変えなければいけなかったように思う。

序盤は話の衝撃度と残酷な描写で引きつけられるものがある事は確か。
序盤の早い段階で、王様の正体や殺害方法について、どう考えても納得できるような
バラシが期待できないことが想像はついたが、結局は予想通り。
何より、たたみ方が早すぎて、逃げたとしか思えない。
こういうサスペンス系はかなり強引でも、納得させようとする気概が欲しいところ。
原作がそうなってるのだからそうした。元が悪いのであれば、なんとか修正して欲しかったところ。

画は話の内容にかなりマッチしていると思う。
リアル系サスペンス向きの画質ではあるが、それ以外に特別な印象は持たなかった。

主人公に感情移入させる構成だが、ヒロインに対しての処遇が読者にとってかなりストレスになり、
読んでいてとても疲れる。そして報われなさすぎる。
はっきり言って読んで損したという読後感。結末を読まなければよかったのかもしれない。
もっと言うと、もしかして納得するようなバラシがあるかもしれないという期待は、しないほうが良かった。
ただ衝撃的展開を味わいたい人は楽しめると思う。
理不尽な死亡事件と、次々に起こる展開で、この後どうなってしまうのかという急かされ感を味わうことができる。

ナイスレビュー: 0

[投稿:2015-09-11 14:06:29] [修正:2015-09-11 14:06:29] [このレビューのURL]

---

ナイスレビュー: 0

[投稿:2015-09-08 14:46:01] [修正:2015-09-08 14:46:01] [このレビューのURL]

内容的には、りぼんやちゃおに載っていてもいいような、
小学生の恋愛程度の色恋話をコミックハイ用にアレンジしたような内容。

絵柄は2008年当時の当たり障りの無い感じで、特にそれ以上言うことはない。

勉強・スポーツに関して完璧な主人公が、それに物怖じしない男子に恋していく・・・といったなんてことはない内容。
この一行以外に付け加えたい言葉は特に無い。
終盤、終わりに向けて相手に彼女ができるという盛り上げポイントを無理やり作ったが、
その内容があまりにも陳腐で、拍子抜けするレベル。もっとドロドロ化するか、衝撃的な展開を作らないと終わるものも終わらない。

暇つぶし程度にどうぞ的な作品。

ナイスレビュー: 0

[投稿:2015-04-30 17:03:23] [修正:2015-04-30 17:03:23] [このレビューのURL]

3点 Rec

作風なのだと思うが、浅ーい世界観で主役級のキャラ達が行ったり来たりするだけの漫画。
もはや記号と化したキャラクターの箱庭感を、どれだけ楽しめるかで評価が別れる。

構成は1章完結となっており、展開もほぼ同じ。誰かが主役級二人の間に入ってくるか、
主役二人・もしくは周りの誰かが悩んで、その悩みを解決するかの2パターン。
さすがに一本調子すぎる。

声優界をとりあげた様な形になっているが、あくまで「想像の声優界」であり、とても非現実的。
ドタバタコメディではあるが、作中2話以降進展は特になく、盛り上がりに欠ける。

画は雑としか言えず、評価できない。
読者も画には期待していないことを理解しているのか、
雑なことを作風としていると感じた。
いい意味で捉えると、気負いなく見れる。

パンチラやシャワーシーンなど、浅いサービスカットを時折入れており、
いつまでも続くこの世界をダラダラと見ていたいような気持ちは、わからなくもない。
ただ物語として、最後は大きく盛り上げて欲しかったところ。
いつもの悩み→解決の流れで、サラッと終わってしまった印象を受けた。
作品の大きな流れを作るのに向いていない作風なのかもしれないが、
我ながらこの内容のない16巻を、よく読んだなという感想に落ち着いた。

ナイスレビュー: 0

[投稿:2015-03-24 12:13:16] [修正:2015-03-24 12:13:16] [このレビューのURL]

<<前の10件
123456