「森エンテス」さんのページ

総レビュー数: 348レビュー(全て表示) 最終投稿: 2010年10月15日

やっと連載終了しました。
出会いは中学時代なんで・・・・・・長かったな・・・・と。

今の作者は悪い意味でビッグになりすぎて、何を描いても「絵が良いんだよ」で済むようになってしまったところがあると思います。

ただ、この作品は連載開始当初は本当に奇跡のような作品で、当時のオタクの誰もが憧れた作品だったように思います。

中盤以降、終盤の際際まで雰囲気漫画となっていましたけど、最終話のまとめ方は当時ガツンとやられた世代として、感慨深いものがありました。

ナイスレビュー: 1

[投稿:2014-04-27 00:20:02] [修正:2014-04-27 00:20:02] [このレビューのURL]

次作の『いもうとデイズ』もそうですけど、男からするとロリコン的な作品なわけです。

作者は女性ですので、ひょっとしたら年齢の離れた男性に恋をしていた作家さんなのかもしれないと思ったりします。

内容は神社で繰り広げられるラブコメですね。
上質な作品だと思います。

ナイスレビュー: 0

[投稿:2014-04-27 00:13:06] [修正:2014-04-27 00:13:06] [このレビューのURL]

久々に読み返しましたが、凄く良かったです。
雑誌連載時も好きな作品でしたが、単行本でまとめて読むと更に心にクルものがありますね。

ロリコンって言葉の本当の意味ってこういうところなのかもしれないと思いましたし、そう思わせるだけの作品ですね。

タイトルにあるとおり、「いもうと」の話ですが、色んな意味で素晴らしい作品だなと思います。

ナイスレビュー: 0

[投稿:2014-04-27 00:09:28] [修正:2014-04-27 00:09:28] [このレビューのURL]