「森エンテス」さんのページ

総レビュー数: 348レビュー(全て表示) 最終投稿: 2010年10月15日

荒削りな部分もありますけど、作者のその後の活躍に繋がる作品ではあると思いますので、ファンの方なら読む価値があると思います。

イメージ的には80年代の月刊サンデーの作品的・・・と言えるかもしれません。

ただ、サッカー漫画としてみると非常に弱い部分があるので、サッカーファンはあえて読む必要は無いかと・・・。

ナイスレビュー: 0

[投稿:2013-06-28 21:43:19] [修正:2013-06-28 21:43:19] [このレビューのURL]

長い年月を掛けて連載終了した大河作品で、休載を繰り返す中で絵柄だけでなく作家のマンガスタイルそのものが変遷した為に、序盤と終盤ではイメージがだいぶ違います。

僕が読み始めたのが中学時代、読み終えたのが社会人になってそれなりの年月が経ってからですから、作品だけでなく読者側の変化もあり、万感の思いという事もなく読み終えてしまいました。

内容は昭和時代の中国(と少し日本)を舞台とした作品で、ファンタジー作品ですが、それぞれの登場人物を深く掘り下げているので「軽く」なってなっていないのが素晴らしいです。

ナイスレビュー: 0

[投稿:2013-06-28 21:34:24] [修正:2013-06-28 21:34:24] [このレビューのURL]

こどもの頃に読んだ「少し大人な作品」です。

今でも当然好きな作品なのですが、比較的スタンダードなラブコメなんですけど、サンデー作品ともマガジン作品とも違う独自のラブコメです。

ナイスレビュー: 0

[投稿:2013-06-28 21:24:01] [修正:2013-06-28 21:24:01] [このレビューのURL]

今となっては、読み返してもシンドイ部分が多いですが、連載当時は絵の上手さにひかれました。

女の子は昔から少しエッチな雰囲気もあって、魅力的でしたね。

当時の「中2病作品」と言えるかもしれません。
今の時代では『惑星のさみだれ』や『鉄のラインバレル』が中2感が満載ですが、当時はピュアに中2だったんですね。

ナイスレビュー: 0

[投稿:2013-06-28 21:19:57] [修正:2013-06-28 21:19:57] [このレビューのURL]