「森エンテス」さんのページ

総レビュー数: 348レビュー(全て表示) 最終投稿: 2010年10月15日

藤田作品らしい物語及び物語展開ですね。

ベタベタな物語なんですけど、上手くまとめていくので、読後感が良いです。

作者の絵柄に抵抗が無ければ間違いなく楽しめる良作です。

ナイスレビュー: 0

[投稿:2015-12-05 00:55:30] [修正:2015-12-05 00:55:30] [このレビューのURL]

音楽漫画の中でも特に秀逸な作品です。

ショパンコンクールで完全にクライマックスを迎え、その後の物語は長いエピローグと言ったところですね。

本当に素晴らしい音楽漫画です。

ナイスレビュー: 0

[投稿:2015-12-05 00:51:08] [修正:2015-12-05 00:51:08] [このレビューのURL]

絵が上手いですね。

そして物語性もあり独特な世界観が良い方に影響した唯一無二に童話ですね。

「優しさ」が鼻に付くこともありますけど、この「優しさ」こそがテーマの作品だと思います。

ナイスレビュー: 0

[投稿:2015-12-05 00:47:43] [修正:2015-12-05 00:47:43] [このレビューのURL]

6点 DEAR BOYS

長い連載が終わりました。

初期の頃と終わりとでは、物語の雰囲気や絵柄も含めて随分と変わったなと思いますが、作者の思い描いた通りの終わり方だったのではないでしょうか。

どうしてもバスケ漫画はスラムダンクと比べてしまうわけですけど、この作品にしても「あひるの空」にしても、物語が長すぎますね。

長い時間を掛けて強くなって行く物語は好きですが、読者の時間軸と作品内の時間軸の差の煽りを特に受けた作品と言えるかもしれません。

ナイスレビュー: 0

[投稿:2015-12-05 00:44:54] [修正:2015-12-05 00:44:54] [このレビューのURL]