「森エンテス」さんのページ

総レビュー数: 348レビュー(全て表示) 最終投稿: 2010年10月15日

第一話と序盤の物語は非常にテンション高く読んでしました。

マンガというよりは映画を観ているような気持ちにさせてくれる良作漫画なのですが、中盤から終盤に掛けて、迫力が無くなってきてしまったのが残念です。

それでも最終回まで読みきったときは、序盤の懐かしさもあって感慨深いモノがありました。

本来なら8点付けたいところでしたが・・・・良作。

ナイスレビュー: 0

[投稿:2011-01-20 18:55:02] [修正:2011-01-20 19:20:40] [このレビューのURL]

8点 蟲師

この作品は手放す事が無いと思います。

郷土愛や貧しい生活の中での人々の営みなど、昔ながらの「日本人の良さ」が物語の中に詰まっており、「蟲」の不思議な能力や効力とそれを解決する主人公の活躍よりもそういう人々の生活感こそ、この作品の魅力なのだと思います。

ナイスレビュー: 0

[投稿:2011-01-20 19:11:38] [修正:2011-01-20 19:19:53] [このレビューのURL]

ジブリ的な絵柄での「ほのぼの系妖怪物語」です。

妖怪が見える特異体質による苦悩は描かれていますが、重くなりすぎないようにしているのが良いです。

初回から最終回まで安定したクオリティで走りきっているのが素晴らしいです。

ナイスレビュー: 0

[投稿:2011-01-20 19:05:53] [修正:2011-01-20 19:05:55] [このレビューのURL]

7点 B.B

「宿命のライバル」を軸に進んでいくボクシング漫画なのですが、まず展開がブっ飛びすぎてファンタジーです。

少年漫画としての基本線は守られていることもあり、引っかかる事なく読みきることが出来ますし、最後の展開はある意味、マンガ史に残るのではないでしょうか。

ナイスレビュー: 0

[投稿:2011-01-18 11:19:27] [修正:2011-01-18 11:19:27] [このレビューのURL]

まず絵柄が好みです。
男の子は格好良いし、女の子は可愛いですし。

そして、なにより物語が凄く良いです。

格闘技マンガのようになってしまうスポーツマンガとは違い、サッカーのリアル感をキープしていますし、タイトルにある「ファンタジスタ」という言葉に偽り無しのアイデアが素晴らしいです。

ナイスレビュー: 0

[投稿:2011-01-18 11:08:33] [修正:2011-01-18 11:08:33] [このレビューのURL]

8点 タッチ

一斉を風靡した高校野球マンガの金字塔的作品です。

作品をしっかりと読んだことがなくても、大筋の内容を誰もが知っているという稀有な作品の一つであり、大きな中弛みも無いままエピローグ的な最終回へと繋がる流れが「見事」の一言です。

あだち充作品は総じて好きなのですが、マンガ的なクオリティとは別の感情もあり、「一番」を挙げるなら、この作品にします。

ナイスレビュー: 0

[投稿:2011-01-18 10:57:08] [修正:2011-01-18 10:57:08] [このレビューのURL]

ふとした拍子に読み返したくなる物語です。
単行本1冊というボリュームも、手軽に読み返すのにはありがたいです。

子供達が頑張って、ロケットを飛ばすという内容で、展開も含めて「ありがち」な展開で、「うそ??」「えー??」という事はほぼない作品ですが、「こうありたかった」小学生時代が描かれています。

『まんがサイエンス』等の科学マンガの知識を物語の中に自然に組み込んでいる力量に感心します。

ナイスレビュー: 1

[投稿:2011-01-14 11:14:46] [修正:2011-01-14 11:14:46] [このレビューのURL]

天才を表現するのが非常に上手い作者の原点的な作品です。

この作品を読むまでは、「自転車/ロードレース」には全くと言っていい程興味が無かったが、読んで変わりました。

「自転車/ロードレース」というのはここまで熱くなれるモノなのかと。

ナイスレビュー: 0

[投稿:2011-01-13 20:24:17] [修正:2011-01-13 20:24:17] [このレビューのURL]

個人的には終わり方さえ間違えなければ、もっと高得点を付けていた作品です。

登場人物が一気に増えた終盤の物語がこの作品の評価を下げてしまっていますが、ゴルフに興味がない人間でも楽しめる作品なのは間違いありません。

ナイスレビュー: 0

[投稿:2011-01-13 20:18:59] [修正:2011-01-13 20:18:59] [このレビューのURL]

9点 SLAM DUNK

日本のバスケットボールの世界を変えた超名作。

高校入学からインターハイ(一年生の夏)までの短い期間の話ながら、その内容は非常に濃く、僕のようなバスケットに興味のなかった人間まで虜にしました。

今や日本の漫画界での頂点に君臨する一人の作家の代表作です。

ナイスレビュー: 0

[投稿:2011-01-13 20:12:14] [修正:2011-01-13 20:12:14] [このレビューのURL]