「森エンテス」さんのページ

総レビュー数: 348レビュー(全て表示) 最終投稿: 2010年10月15日

序盤は素晴らしい展開で、料理漫画としてというよりは、少年漫画としての王道を走っていました。

それが、どこかのタイミングから「物語を魅せる」事から、「毎週楽しませる」事に意識がシフトしており、雑誌掲載はともかく、単行本で読むにはツライところがありますね。

ナイスレビュー: 0

[投稿:2012-02-28 22:05:53] [修正:2012-02-28 22:05:53] [このレビューのURL]

長過ぎたキライはありますが、素晴らしい作品であるのは間違いありません。

主人公の成長物語のようでもあり、ラスボスとの兼ね合いもあるので、モラトリアムな作品でもあり・・・。

それにしても、よくこんな物語を考え付くものだなと感心します。

ナイスレビュー: 0

[投稿:2012-02-28 22:00:18] [修正:2012-02-28 22:00:18] [このレビューのURL]

個人的に、このシリーズでは無印が一番好きです。

作者が興味のある題材をどんな形であれ、内包できる設定が素晴らしいですし、マンガらしいマンガです。

絵柄も加速度的に上手くなって行きますし、音楽も格闘も、それぞれの画力は凄いです。

ナイスレビュー: 0

[投稿:2012-02-20 12:08:59] [修正:2012-02-20 12:08:59] [このレビューのURL]

二本の作品からなる単行本ですが、どちらも揃って素晴らしいです。

どちらの作品も戦国時代ながら、取り上げている人物か馴染みの薄いこともあり、新たな発見がありました。

人情物語の剣の舞、骨太な雪の峠、どちらも、この作者ならではのレベルです。

ナイスレビュー: 0

[投稿:2012-02-20 11:58:17] [修正:2012-02-20 11:58:17] [このレビューのURL]

6点 水素

画集の中に未完の短編が収録された本ですが、マンガの方は続いていたら、素晴らしい作品になったと思いますが、起承転結の起で終わってるので、評価のしようがないです。

画集の部分は文句なしに最高です。

ナイスレビュー: 0

[投稿:2012-02-08 12:56:58] [修正:2012-02-08 12:56:58] [このレビューのURL]

6点 +ANIMA

この作者は単純に絵柄が可愛く好きなんですけど、イラストレーターとしての魅力に比べて、漫画家としての魅力は薄いと感じていました。

しかし、この作品はしっかりとした漫画作品になっていて、非常に良い物語だと思います。

動物の力を持った特殊人間達のファンタジー世界の物語です。

ナイスレビュー: 0

[投稿:2012-02-07 23:36:15] [修正:2012-02-07 23:36:15] [このレビューのURL]