「ITSUKI」さんのページ

総レビュー数: 638レビュー(全て表示) 最終投稿: 2005年08月10日

大正時代を舞台とした所謂大正浪漫もの。

大正浪漫の魅力といえば和と洋が入り混じりはじめた社会だとか、女性の社会進出が始まったりとかという点だと思います。(あと個人的には現代ではありえないような女性の丁寧な口調がツボです)

袴に警帽という一見アンバランスな組み合わせが良いと思った人にはオススメです。大正浪漫の華やかな感じは出ていると思います。


主人公の愛染椿は幼少時に警察官に命を救われた経験から、「人を助けられる存在になりたい」と思うようになり、最終的には女性でありながら警察官になる事にあこがれているという変わり者です。

しかし実際に警察官達と触れ合ったり、事件に首をつっこんだ事をきっかけに人助けの難しさや、必ずしも感謝される事でもないという現実を知っていく事に。

まぁいくらなんでもこの時代に女性警官はないだろうと思っていたら女性警察官が特設されるとかそういう展開に…なんてこった。
こっからどういう風に転がっていくのやらという感じです。

ナイスレビュー: 0

[投稿:2011-11-27 22:50:58] [修正:2011-11-27 22:50:58] [このレビューのURL]

月別のレビュー表示