「ITSUKI」さんのページ

総レビュー数: 638レビュー(全て表示) 最終投稿: 2005年08月10日

[ネタバレあり]

「ひぐらし」シリーズ第二章です。ネタバレ注意?
他の章と比べて恋愛要素が強い話で、作画の方條先生の絵と内容がうまくマッチしてました。(若干少女漫画っぽい感じ?)

方條先生のキャラクターの造形や表情・演出などは「ひぐらし」シリーズの中でも一番上手で雰囲気が出ていると思います。

話自体にはある「陰湿なワナ」があり、話の難易度自体は「鬼隠し」編よりも低くてもそのワナひとつで見事に話を予測不可能なものにしています。
(当然、園崎姉妹による「入れ替わり」トリックだと思いますが…まだわかりません)

電話のシーンや終盤の急展開の連続にのめりこみました。
なかなか終わりの見えてこない話で読み応えありです。

ナイスレビュー: 0

[投稿:2007-03-21 23:26:09] [修正:2007-03-21 23:26:09] [このレビューのURL]

[ネタバレあり]

漠然とネットで「怖い」ということだけは知っていて、「別に自ら怖い思いなんてしたくないしなぁ」とあえて避けていた作品。
が、近所の本屋が閉店するということで最後に記念にとなんとなく手にとってしまった作品。

まずインパクトが大!!
メインキャラたちの普段のかわいさと、豹変したときのギャップに驚かされっぱなし。
もともとはサウンドノベルですが、鈴羅木先生は「漫画」という利点をうまく生かしていると思いました。
例えば先ほど述べたキャラの「豹変」も、「ページをめくったら急に…」といった風になっていて非常に効果的。
大ゴマの使い方も上手でした。
全体的な画力はまだまだですが。

また、作品に秘められた「謎」が非常に気になる!
「鬼隠し編」は「ひぐらしのなく頃に」の第一章に当たります。
「鬼隠し編」を読んだだけではただただ怖いだけで、謎だらけ。
「なんでああなっちゃったのか」
「アレは一体なんだったのか」
「えーー!こんな終わり方なの!」

「こんな謎だらけなままでは続きを読まずにはいられない!」
そういう気持ちにさせられました。
「最後にはこの謎も解ける」と解っているからこそ続きが買えたんですが…(単に怖いだけなら売ってしまっていたかも…)

案の定気がつけば最近発売したPS2版を購入していました。
ストーリーとキャラクターがとにかく面白い作品です。
追い追い他の章のレビューもしていきたいと思います。

ナイスレビュー: 0

[投稿:2007-03-19 04:02:54] [修正:2007-03-19 04:02:54] [このレビューのURL]

月別のレビュー表示