「ITSUKI」さんのページ

総レビュー数: 638レビュー(全て表示) 最終投稿: 2005年08月10日

まずタイトルは「いぬぼくしーくれっとさーびす」と読みます。
ちょっとネタバレ注意。
いやぁ、タイトルでちょっと引きますよね。
「妖狐」「×」「僕」ってね…
表紙も黒縁に黄色とピンクっていう…なんか物凄く女性向け?な感じがしてアニメになるまでは手にとった事すらありませんでした。

別にイケメンシークレットサービスが次々増えていくような漫画ではありません。
男性でも全然楽しめます。
というか凛々蝶(りりちよ)さまとかかるたちゃんとか女性キャラも魅力的です。
キャラクターが皆妖怪の先祖帰りっていう設定は「狙ってるなー」と最初は感じたのですが、それも序盤だけ。

主人公とヒロイン(?)の関係の進展が想像以上に早く、普通の少女漫画なら10巻くらい使いそうなところを2巻でささっとまとめてます。
最初のあたりはキャラの紹介と二人の関係の進展を描いているのでどちらかというとまったり気味。
このまま話が続いていくのかと思っていたらシリアスに入り4巻でなんと第一章完。

「先祖帰り」という設定を生かして「転生」したキャラクター達が再度物語を始めるという珍しい展開を見せています。
第一部の話を序章として二部以降にどう絡んでくるのか、気になってます。

ナイスレビュー: 0

[投稿:2012-02-28 00:19:58] [修正:2012-02-28 00:19:58] [このレビューのURL]

「それ町」のちょっとSF入った話を更に膨らませた様な作品です。

読者からすれば非日常な事ばかりなんですが、キャラクター達はその少し不思議な出来事の数々にも全く動じず、まさに「たんたんと日常を過ごす」その雰囲気は独特。

ギャグっていう程テンポが良かったりキレがある訳でもなく、絵もイマイチパッとしないのでホントたんたんとしている印象です。

というか2巻まで読んでもどっちが主人公なのかよくわからないのですが…

ナイスレビュー: 0

[投稿:2010-09-09 23:48:20] [修正:2012-02-12 23:15:31] [このレビューのURL]

原作者が「皇国の守護者」と同じと知って大変驚きました。世界観が違いすぎるので…

内容はもうホントにただ「街中に溢れるゾンビを倒しながら生き延びる」っていうゲームセンターとかで見たことある様なストーリーを漫画にしてるって感じです。それ以上でもそれ以下でもありません。

主人公を含め登場キャラ達に感情移入が難しいです。
時によって言ってる事がコロコロかわる印象。
毒島先輩が一番マシかもしれない…

既刊6巻にして当初の目的を未だに達成できてない展開の遅さも気になりました。
そもそも事態の原因も未だに不明。
話の収拾がつくのは大分先になりそうです。

絵は癖が強いですが個性豊かにキャラを描き分けていると思います。
また、カラー映えするのでアニメ版が割と面白そうでした。

ナイスレビュー: 0

[投稿:2010-11-13 01:36:53] [修正:2012-02-12 22:29:21] [このレビューのURL]

なんでもかんでも工事にこじつけようとする辺りに勢いと作者らしさを感じました。

でも題材が今の少年がロマンを感じるには古臭かったんでしょうかね(WJ版未読です)
序盤のつかみとしては「シャーマンキング」の方がわかりやすかったかなと。

ナイスレビュー: 0

[投稿:2011-01-13 00:03:45] [修正:2012-02-09 23:14:42] [このレビューのURL]

「遊戯王R」「遊戯王GX」「遊戯王5D's」はどれも作者が高橋和希先生のアシだった方なので、高橋先生の画風に意図的に似せられて描かれています。
しかし最新作であるこの「遊戯王ZEXAL(ゼアル)」は作者が元アシの方とは違う為、雰囲気が今までの漫画と異なります。

比較してみると全体的に線は細目で繊細な感じ。
トーンが多く、画力も低くありません。漫画は漫画だけで楽しめます。

「GX」「5D's」程舞台や設定も奇抜ではなく、初代を意識している点が多いです。
(主人公の持つ謎アイテム、ライバルの設定(モンスター・兄弟)、テーマパーク等)
特に第一話なんかは初代の一話のオマージュのような展開。内容はカードゲーム特化ですけどね。

また、主人公が歴代と比べて年齢も若く、カードゲームもまだまだミスの目立つ初心者?中級者レベルとして描かれています。
これらの内容からして、新たな年齢層低めの新規ファンの獲得を目指しているのかなと思います。

まぁ歴代を追っている人がすぐに受け入れられるかってのはわかりませんが、2巻まで読んで案外面白かったです。

ナイスレビュー: 0

[投稿:2012-02-07 23:10:35] [修正:2012-02-07 23:10:35] [このレビューのURL]

学園ハーレムものにしては癖が強く、マニアック向けな感じです。

5人しかいない男子達の個性が、見た目も含めて非常に立ってるのは良いです。
一人一人画風から異なるっていうレベルです。ガクト・アンドレ・ジョーが特に凄い。

沢山の女子たちの中からメインヒロインが一人でてきて、その子とうまくいくのかいかないのかっていうストーリー自体はまぁベタです。
懲罰棟(プリズン)に収容された男子達を取り仕切る裏生徒会のメンツがまた非常に強烈。副会長とかあれ生徒に見えませんw
そんで暴力の描写が案外容赦なくグロ目なので引きます。(ギャグとして描いているのでしょうけど、画風の問題ですね)

読んだ最初の印象としてはまぁ「いかにもヤンマガ」って感じです。サービスシーンの雰囲気とかも含めて。
しかしどうやってこの話はまとめられるのか想像つきません。そういう意味ではちょっと続きが気になる作品です。

ナイスレビュー: 0

[投稿:2011-06-26 21:28:53] [修正:2012-02-04 22:57:33] [このレビューのURL]

月別のレビュー表示