「ITSUKI」さんのページ

総レビュー数: 638レビュー(全て表示) 最終投稿: 2005年08月10日

古いけど豪華絢爛な学生寮(ただしあと一年で閉館)、玲瓏館での住人たちが繰り広げるコメディ作品です。

設定だけだとどっかで見たことある様な気がされるかもしれませんが、一巻の時点で既にキャラ達の豊かな個性がいかんなく発揮されていてとても面白いです。
一巻後半の「エ ク ス タ シ ー」では吹き出しました。

絵柄は最早「Fellows!系」と言えば伝わるんじゃないかという感じで、しっかりと描かれています。
まだまだ話題になっていない作品ですが(作品名で検索すると、ここが三番目に出てきます)、これからじわじわ人気が伸びてくるんじゃないかと。

若干表紙で損してるんじゃないかという感じもしますね…

ナイスレビュー: 0

[投稿:2010-08-31 00:31:58] [修正:2010-08-31 00:33:51] [このレビューのURL]

7点 煩悩寺

秋★枝先生の作品は相変わらず読んでてニヤニヤできます。

なんとも統一感の無いおかしな小山田君の部屋、通称「煩悩寺」にひょんなきっかけから入り浸る事になった小沢さん。
部屋にある変なものにうきうきしたり笑ったりする小沢さんがいちいちかわいいです。表情豊か。

そして中盤からラブコメ展開へ。
なんというか、三角関係の様な泥沼展開よりもこの作品はただ初々しい二人の関係を温かくニヤニヤ見守っていけたらなぁ、とか思います。
けど作者の作品の雰囲気からするとこれからまだ一筋縄ではいかないのでしょうね。

不定期なので続きが大分先になりそうですが、続きが楽しみです。

ナイスレビュー: 2

[投稿:2010-08-30 01:00:20] [修正:2010-08-30 01:00:20] [このレビューのURL]

「ヒロインがゾンビになっちゃった」という設定。
ですがヒロインがゾンビ化するのは一巻の終盤からです。

ちなみにゾンビといっても見た目は普通の人間と変わりませんので別にホラーっぽくもグロくもありません。
そんなわけで結局は彼女がゾンビという点で一風変わっているだけのラブコメです。

癖の少ない絵で安定していて読みやすいです。
ヒロインがゾンビという事で、一巻の終盤を読んだ限りではあまり長くならなさそうです。

ナイスレビュー: 0

[投稿:2010-08-26 15:25:43] [修正:2010-08-26 15:25:43] [このレビューのURL]

絵が志村先生という事で衝動買いしました。
少ないですがカラーページが鮮やか。

普通に家に帰っていたはずなのに、気がつけば同じ様で別の世界へと迷い込んでしまった姉弟。
こういうSFチックな話はドラえもんとかで読んだことがある気がしないでもないのですが…

でも「何故迷い込んでしまったのか」「どうすれば元いた世界に戻れるのか」ちょっとずつ明らかになっていくのはやはり面白いです。
同じ様で別な世界。二つの世界を比べる事で元の世界では見えてこなかった他人の意外な一面を知ったり、あるいはどちらの世界でも変わらない良い面などを知っていく展開も良いです。

でもちょっとオチが弱い気がしました。
もっとどんでん返し的な結末も良かったかなと思いました。

ナイスレビュー: 0

[投稿:2010-08-23 14:43:14] [修正:2010-08-23 14:43:14] [このレビューのURL]

原作が「涼宮ハルヒの憂鬱」の谷川流先生、キャラクターデザインが「異国迷路のクロワーゼ」の武田日向先生な和風ホラーファンタジー(なのか?)。

キャラクターの設定・ストーリーの雰囲気がどうしても「痕」や「月姫」を連想する場面が多いです。
そこから脱却できるかは今後の展開次第ですが…
二巻の時点ではどうしても「ありきたり感」は拭えません。

絵は背景は良いのに、肝心の人物の描き方がイマイチ安定しないのが残念です。

ナイスレビュー: 0

[投稿:2010-08-21 17:39:48] [修正:2010-08-21 17:39:48] [このレビューのURL]

実体験を元にした刑務所の描写は当然ながら生々しい。
主人公は一応存在しますが、ストーリーらしいものはなく、本当にたんたんと「刑務所にいる人間の一日」を描いていっています。

部屋の内装や小物にいたるまで徹底して描かれていて、刑務所の図鑑を読んでいる様な気分になりました。
他に類を見ない作品として是非一読してみては。

きっと漠然と持っている先入観を覆される様な点があるでしょう。

ナイスレビュー: 0

[投稿:2010-08-19 14:42:44] [修正:2010-08-19 14:44:05] [このレビューのURL]

作画者の体調不良の為打ち切りとなって、現在単行本にはプレミア価格がついている「東方三月精」第一部。
単行本一冊となっていますが、実質漫画となっているのは100Pにも満たない短さです。

しょっぱなから作画に不安が募ります。
全体的に背景が白く、線も下書きとまではいわずとも、ラフに描かれている部分が目立ちます。

漫画チックにデフォルメがきいていてキャラがコミカルに動いている比良坂版三月精と比べると、内容自体はコメディでもどこか神秘的な東方の世界を感じさせるのが松倉版、という感じです。
(個人的には、比良坂版の方が好きです)

単行本の後半はキャラクター紹介、ゲーム紹介、ZUN描き下ろしの三月精のs小説となっています。
キャラクター紹介の欄では画像とキャラが間違っている箇所が多数あり、公式にしては酷いです。

ナイスレビュー: 0

[投稿:2010-08-16 00:01:48] [修正:2010-08-16 00:04:40] [このレビューのURL]

ファミレス舞台の漫画、という事で「これも面白いよ」と最近よく薦められたので読みました。

「二番煎じでのっかってるのか」と酷い先入観を持って読み始めたのですが、ところがどっこいこの「ハニカム」の方が断然ハマってしまいました。
一話4ページ、という一見短いように見えるこのペースが絶妙です。

ラブコメ漫画らしくヒロインが複数いるのですが、そのキャラ立ちの良さも上手いです。
人気が見事に分散してそうです。

また、メインヒロインが途中から「覚醒」をものすごい変な方向に起こしてただでさえ空気になりやすいメインヒロインがさらに存在感が薄くなる事態になったりと、「テコ入れ」の恐ろしさを感じた作品でもあります。(最新刊の途中でようやく元に戻りつつあります)
ですが、この覚醒シーンは作中一番の笑いどころである事間違いなしです。

絵柄も個人的にはプラス点。皆かわいいですし、読みやすいです。
ちょっと点が高めかもしれませんが、「お薦め」という事で。

ナイスレビュー: 0

[投稿:2010-08-14 01:51:53] [修正:2010-08-14 01:51:53] [このレビューのURL]

他の方と同じく、この作風のまま是非続けて欲しいです。

こういうコメディなテンションの話も普通に面白いですよ、先生。
主人公が自転車を嫌う理由がちょっと弱く感じましたけど、気がつけば自転車に惹かれていくっていう作りは王道で楽しみです。
あと個人的に輪ちゃんの方言はキャラ付けとしていいアクセントだと思います。(単に自分が方言が好きなだけですけど笑)

普通に進んでいる時の自転車の絵がは恐ろしい程動いてない様に見えるんですが、その分(?)加速した時や力入れて走る時の描写はぐっとスピード感がでていて、メリハリが利いてます。

ナイスレビュー: 0

[投稿:2010-08-14 01:33:32] [修正:2010-08-14 01:33:32] [このレビューのURL]

ヒラコー作品は初挑戦でしたが…
絵のアクの強さ、迫力はとても良いと思います。

一巻の時点ではイマイチ世界観が掴み切れなかったですが、設定は好みなので今後面白くなるだろうと期待します。
やっぱりヘルシング読んだ方が作者の作風とか掴みやすいんでしょうか。。。

ナイスレビュー: 0

[投稿:2010-08-13 23:46:26] [修正:2010-08-13 23:46:26] [このレビューのURL]

<<前の10件
12

月別のレビュー表示