「森エンテス」さんのページ

総レビュー数: 348レビュー(全て表示) 最終投稿: 2010年10月15日

見せ方が合わない・・・・けど、物語自体には不満はないという作品で、全体的にキッチリまとまっているし、良い作品だと思います。

小泉さんが可愛いんです。
根本的に絵が上手い作品は好きです。

ナイスレビュー: 0

[投稿:2012-03-23 00:02:51] [修正:2012-03-23 00:02:51] [このレビューのURL]

島本和彦作品らしい作品で、この作家がスポーツ漫画を描くとこうなるのかというのがテキメンです。

最近、実写映画にもなりましたので、ある程度の不変性はありますが、マンガとしてみると現代の空気とは違うかなと思います。

良作のギャグ漫画ですね。

ナイスレビュー: 0

[投稿:2012-03-21 20:08:18] [修正:2012-03-21 20:08:18] [このレビューのURL]

序盤は素晴らしい展開で、料理漫画としてというよりは、少年漫画としての王道を走っていました。

それが、どこかのタイミングから「物語を魅せる」事から、「毎週楽しませる」事に意識がシフトしており、雑誌掲載はともかく、単行本で読むにはツライところがありますね。

ナイスレビュー: 0

[投稿:2012-02-28 22:05:53] [修正:2012-02-28 22:05:53] [このレビューのURL]

6点 水素

画集の中に未完の短編が収録された本ですが、マンガの方は続いていたら、素晴らしい作品になったと思いますが、起承転結の起で終わってるので、評価のしようがないです。

画集の部分は文句なしに最高です。

ナイスレビュー: 0

[投稿:2012-02-08 12:56:58] [修正:2012-02-08 12:56:58] [このレビューのURL]

6点 +ANIMA

この作者は単純に絵柄が可愛く好きなんですけど、イラストレーターとしての魅力に比べて、漫画家としての魅力は薄いと感じていました。

しかし、この作品はしっかりとした漫画作品になっていて、非常に良い物語だと思います。

動物の力を持った特殊人間達のファンタジー世界の物語です。

ナイスレビュー: 0

[投稿:2012-02-07 23:36:15] [修正:2012-02-07 23:36:15] [このレビューのURL]

花魁の世界を安野テイストで描ききった作品で、単行本も一冊完結なので、男性読者が最初に手にする安野本としては十分な作品だと思います。

『花とみつばち』もそうでしたけど、出てくる男はたいてい魅力無いですけど、女性は魅力的です。

ナイスレビュー: 0

[投稿:2011-11-28 20:57:51] [修正:2011-11-28 20:57:51] [このレビューのURL]

正直なところ、庵野と安野の結婚の話を聞いた時に、あんなオタク的な男とアンチオタクな女が何故に結婚までしたんだろうと思っていました。

いたんですけど・・・・・これ読んだら、納得。
安野モヨコ先生もオタクだったんだなと。

微笑ましい夫婦生活が綴られています。
誰にでも勧められるエッセイコミックだと思います。

ナイスレビュー: 0

[投稿:2011-11-28 20:53:38] [修正:2011-11-28 20:53:38] [このレビューのURL]

6点 四年生

鬱屈した大学生の描写が現代的でCOOLな作品だと思いました。

続編の五年生と合わせて読むべき作品ではありますが、四年生は四年生として評価をされるべき内容を備えた作品です。

モラトリアム系が好きであれば読むべき作品です。

ナイスレビュー: 0

[投稿:2011-11-24 22:38:54] [修正:2011-11-24 22:38:54] [このレビューのURL]

ファン向けの短編集です。

同人系雑誌のファンロード誌に志摩冬青名義で発表した作品を中心にまとめて、ラポートから発売された『バイオ・ルミネッセンス』がベースで、フリートークと「草雲雀」を抜いて、「岬でバスを降りたひと」「迷宮猫」を追加した内容です。

良くも悪くも同人的な内容の作品が多いですが、新たに追加された「岬でバスを降りたひと」は良い作品です。

個人的には抜かれた「草雲雀」が素晴らしい内容の作品だっただけに、抜いた理由を知りたいという気持ちがあります。

ナイスレビュー: 0

[投稿:2011-11-23 03:41:27] [修正:2011-11-23 03:41:27] [このレビューのURL]

『アウトランダース』『キャラバン・キッド』の流れを汲む作品で、掲載誌であるWINGSの読者層とのマッチングはどうだったのだろうかと当時から思っていました。

物語は典型的なこの時期の真鍋作品で、可愛い女の子が大活躍する活劇の中にギャグパートが差し込まれる感じです。

物語もシンプルでまとまっていますし、クライマックスにかけての盛り上がりもしっかりしています。

ナイスレビュー: 1

[投稿:2011-11-17 21:38:01] [修正:2011-11-18 11:59:05] [このレビューのURL]