「kiki」さんのページ

総レビュー数: 471レビュー(全て表示) 最終投稿: 2011年01月23日

ただの囲碁を初心者からはじめてドンドン上手くなっていくだけの
話だと思ってました。が、読んで天才棋士がとりついて囲碁を主人公に
させていくだなんて意外な展開で面白かったです。
あと囲碁を全く知らなくても楽しめるのもよかったです。

普通に成長させるだけでなく、佐為の囲碁の力によって ライバルや
強い人々がヒカルに惹きつけられて混乱し、ヒカルの奥に隠れている
佐為を見出そうとするのが特にハラハラさせられました。

強くなっていくヒカルに対して存在感を失っていく佐為。
江戸時代みたいに囲碁によって貧乏から脱却できるという世の中じゃ
ないんだから(別に秀作がそういうワケじゃないですが)、佐為の
あやつり人形で囲碁をやる訳にはいかないし、結果ああなったのは
自然な流れで上手くプロット組んでるなと思いました。


ネタバレになりますが、佐為のいなくなり方もとてもよかったです。
盛り上がってお涙頂戴で消えていくのではなく、サラリと消えるだ
なんていいですよねぇ。
佐為編最終回と合わせて感動しました。

ただ残念なのは北斗杯編。
言いたいことはなんとなく分かるけど、あの結果にするんだったら
描かなくてもよかったのでは?と思ってしまいました。
いくら周りの人々が「あの結果だったけどヒカルは実力があって
強いんだ」って語っても実際の重要な場面でああだと意味ないような…。
スッキリさせて欲しかったです。

ナイスレビュー: 0

[投稿:2012-09-18 18:46:57] [修正:2012-09-30 01:36:36] [このレビューのURL]

森ガール、山ガールなどの名称にちなんで、足軽とひっかけて
アシガール。戦国時代にタイムスリップしてしまう物語って珍しくは
ないけれど、女子高生が足軽になるって設定は斬新かと。

若様に一目惚れして、足軽として役に立とうとするヒロインの行動や
ノリはかなり笑えて楽しく読めます。
イケメンを好きになって一方的にガンガンアタックしていく恋愛物は
多いですが、この先足軽でどのように展開させていくのか…
まだ一巻なので恋愛はほとんど進展してないけど、先が楽しみです。
とりあえず6点。

ナイスレビュー: 0

[投稿:2012-09-29 11:08:19] [修正:2012-09-29 11:23:54] [このレビューのURL]

最初の方のヒロインの「私は信じているから」「何があっても私は
愛しているから」の現実への目のつぶりっぷりと行動には
「よくもこんなウザイヒロインが作れるなぁ」と思ってたのですが、
あまりのめげなさっぷりに陣内のように「強い女で凄い」って
思っちゃいました。

各キャラクターはそれぞれに負の面がよく描けてるし、また
変装したヒロインを夫であるふみくんが正体を見破られないのを
「それはないやろ…」とは思うんだけど、意外な展開(特にふみくん
がヒロインを嫌う本当の理由)が色々巻き起こるので目が離せま
せんでした。 

3巻ぐらいまでの前半部分のしか当初予定してなかったのか、
後半はトロイ芹菜が急に腕のたつ女探偵になるわ、展開も不自然さ
があるものも多いんだけど、ストーリーの勢いと、くさい展開で
ページをハラハラめくらされて楽しませてくれました。

又、途中からは作中でヒロインが読んでいたハーレクインドラマ小説
のような展開もよかったです。
惚れた男は表面的にはイケメンで優しいが実際は冷酷で人のいいなりに
なってしまう小心な者。対してヒロインのことを「おばさん」呼ばわりし
一見ちゃらんぽらんで胡散臭いけど、陰ながらヒロインを見守りピンチの
時は絶対に助けてくれる男が出てくるが、最初ヒロインは彼の真意に
気が付かない。そして自分の前から姿を消えたことによって初めて
様々な真実に気が付く・・・ってどこのスカーレット・オハラやねん!
でもこういうお約束の展開って何故か惹かれてしまいます。

けど最後に結ばれる二人の恋愛にはちっとも憧れは持てないんだけどね。
なんでお互いプライバシー全開が平気でそっちの方が愛を感じてるんだ。
その点ではふみくんの一人になる時間が欲しいって気持ちの方が共感
できるかな。
芹菜も陣内ももの凄く愛に飢えててベッタリが好きで、その波長が
ピッタリきてるんだろうなぁ。
こういうのもひっくるめて大変面白かったです。

作者さんお年なのにこんなに描けてすごいと思ってたのに、引退
したって本当なの?もったいない。

ナイスレビュー: 0

[投稿:2012-09-25 03:01:48] [修正:2012-09-25 03:01:48] [このレビューのURL]

な!なにこのデジャブ感!
花の食生活は夫出張時の私のメニューと一緒すぎる…。
あのメニュー炭水化物が多いから体重が増加しちゃうんだよね。
料理以外にも色々同じような行動&ズボラしてるので、まるで自分を
見ているようで目が離せませんでした。(一般的なんだなと安心も
してしまいましたが)さすがにあそこまで汚部屋にしてないけどね。

花さんのテンションも異常なぐらいに高く、そこまで独り言
言ってたらヤバイやろって感じだけど面白かったです。
同じメニューでも黙ってやってると貧相になるけど、彼女の
あのノリだからこそより美味しそうに見えていいですよね。

ズボラ飯にかわいい妻(夫は単身赴任中)って組み合わせは
いいセンス!

ナイスレビュー: 0

[投稿:2011-09-14 22:32:12] [修正:2012-09-24 22:48:03] [このレビューのURL]

5点 Piece

ほとんど口をきいたこともない高校時代の元クラスメートの親に
頼まれて、生前の彼女の恋人をすることになった主人公の水穂。

クールだったヒロインは元々人と深くかかわることがなかったので、
元クラスメートなど亡くなった彼女がかかわった人々を訪ね歩くことに
よって、見えていなかった元クラスメート達の思いや真実を知る。

それによって自分自身の今までのあり方や、封印してきた高校時代に
強烈に惹かれていて不思議な関係を保っていた成美に対する想いに
疑問を抱いたり、変わろうと努力を始める。

・・・まぁたまにこういう設定ありますよね。
(死んだ人や行方不明者の過去をあばいていくストーリー物)
一応パズルのピースをはめていく話なのでミステリーが主体で
人とのかかわり方や恋愛もありという内容。

最初の方はなかなか謎に惹かれて面白かったのですが、巻数が
すすむごとに(現在8巻まで既読)、謎の解き方や偶然性に無理が
感じられ、クールなヒロインが性格を変えようとしているのは
分かるけど、いくらなんでも変わりすぎだったりで読んでて萎えて
きてしまいました。

登場人物の大半というよりメインキャラが個人的には面倒くさくて
ウットウしく感じてしまいます。
キーパーソンがなんで最初から本当のことを言わないクセに探すのに
かかわってくるのか意味不明に感じて…ラストまで読んだらまた見方が
変わるかもしれませんが、とりあえず5点。

ナイスレビュー: 0

[投稿:2012-09-24 22:33:55] [修正:2012-09-24 22:36:13] [このレビューのURL]

ダラダラとしたパッとしない現実に、同じような境遇なのに無駄に行動力が
あふれてパッションがある同僚、そこに深い闇を持つ非日常な殺人鬼。
なかなか面白かったです。後半はピーンと緊張して読めました。
それでいて安藤さんパートでは笑わせてもらい、またそれぞれの
哲学や混沌が渦巻いてて興味深かったです。

ただヒロイン(ではないような気もするけど)が岡田君に惚れる理由が
これっぽちも分からないし、最後混沌とさせすぎなのが残念。

「シガテラ」と「わにとかげきす」を読んでないので、もし読んでたら
また同じような設定&内容かよって思ったかもしれません。
他の方のレビューを読むと、前作は読まなくてもいいかと思ったので
読みませんが。

ナイスレビュー: 0

[投稿:2012-09-18 18:44:28] [修正:2012-09-18 18:44:28] [このレビューのURL]

日本のネゴシエーターの話って珍しくて興味深いと思って
読んでみたのですが、絵が下手ではないのですが描き方が
ゴチャゴチャしてるように感じて、ストーリーが何回か
読まないとよく分からない部分があったのが残念。
コミックスに収録されてる昔の読みきりはそう感じなかったのですが。

ナイスレビュー: 0

[投稿:2012-09-11 18:51:36] [修正:2012-09-11 18:51:36] [このレビューのURL]

4点 HIDE OUT

映画で「わー!」とか「キャー!」とかの悲鳴つきだったら
もう少し怖く感じたかも。
なかなかのスプラッタ系のホラーでストーリーの練りは
いい感じだと思うのですが、あまり怖くなかったです。

主人公の過去と恐怖の現在を入れ替わりで描く方式は
やっぱり長い連載じゃないと切り替わり画が唐突に感じ、
より恐怖心が減ってしまった気がします。

あの子供なんであんな目が飛び出た形相なの?
とか皆何日生かされてるの?その間何食べてるの?
とか細かいとこが気になってしまいました。

ナイスレビュー: 0

[投稿:2012-09-11 18:40:36] [修正:2012-09-11 18:40:36] [このレビューのURL]

とりあえず

ナイスレビュー: 0

[投稿:2012-09-03 01:03:43] [修正:2012-09-03 01:03:43] [このレビューのURL]

冴えない文系女子が高校でひょんなことから薙刀部に入り、
憧れの先輩や同輩と共に楽しく、厳しく鍛えられ徐々に成長していく
王道のスポーツ漫画。

強くずっと先をいく先輩に圧倒的に強いライバルの存在などや、
ヒロインの一生懸命さ、展開やギャグまでもいかにも小学館の
スポーツ漫画っぽいです。
意外な展開はあまりないけれど、安定して楽しませてくれます。
(しいていうなら美人な真春先輩の変人っぷりに度肝を抜かれれる
ことがあるぐらいか)

女子達がわいわい活躍するので、女性特有のこずるさやブラックな
思いもよく描かれていて、個人的にはそこが特に面白く思います。

ナイスレビュー: 0

[投稿:2012-09-03 00:58:27] [修正:2012-09-03 00:58:27] [このレビューのURL]

<<前の10件
12