「Scrooge」さんのページ

総レビュー数: 178レビュー(全て表示) 最終投稿: 2009年07月10日

読みづらさに面食らう。
絵柄、物語、セリフ回しやフォントサイズに至るまで、
作品を読みやすくする工夫が一切ない。

自分が面白いと思うモノを一生懸命描けば
読者はついてくると無条件に信じているのか。

自分の才能をひたすら突き詰めるのでなく、
才能を活かすために足りないものを学んでほしい。

ナイスレビュー: 0

[投稿:2019-06-17 18:57:10] [修正:2019-06-17 18:57:10] [このレビューのURL]

[ネタバレあり]

片思いする女子高生を描く漫画。そして彼女はろくろ首。

ド直球の漫画。物語や設定にむずかしさは何もない。
作者が考える女の子の可愛さを主人公に集約してひたすら描く。

片思いする女の子は可愛い、活発な女の子は可愛い。
ボーッとする女の子は可愛い。オロオロする女の子は可愛い。
幸せな女の子は可愛い。

明快なテーマで真っ向勝負した潔い作品。
途中、脇道にも寄ったが単行本4巻をしっかり描ききった。


漫画表現としては不慣れ部分があり、8点(名作)は言い過ぎ。
しかし、ここ最近ゴチャゴチャした漫画にうんざりしていたのと
やっぱり主人公がすごく可愛いので8点。

表紙を見て絵柄が好きなら迷わずオススメ。

ナイスレビュー: 0

[投稿:2019-05-18 16:16:23] [修正:2019-05-18 16:16:23] [このレビューのURL]

ロボットバトルと裸の漫画。
絵は可愛い。太線で力強いキャラクターがいきいきと動く。
だが漫画としてレベルが低い。
何をどう描きたいのか、どう描く事ができるのかを
整理しないままノリで描いている。

ただ作者の好きなものを適当に入れてみただけ。
好きなものとはロボット、おっぱい、ロボット、お尻、ロボット。
素人目にもあちこちが破綻して、テーマも何もない。
独りよがりですらない。早い段階で打ち切るべきだったろう。






ナイスレビュー: 0

[投稿:2019-04-10 20:19:11] [修正:2019-04-10 20:19:11] [このレビューのURL]

4点 Dr.STONE

世界中の人間が石化して数千年。
文明は崩壊し原始時代に戻ってしまった。
石化から蘇生した人々は文明を復興しながら原始世界の覇権を争う!

ロビンソンクルーソーや15少年漂流記のような科学冒険小説が元ネタの少年漫画。
限られた材料から知識と挑戦でいろんな物を作りだすのが面白さ。

徹底してわかりやすく小学生向け。ご都合主義のレベルを超えてゲームっぽい作りになっている。
尖った石+木+つる=槍!とかそんなん。

読者が面食らうほど割り切った構成をどう評価するか。
個人的にはやりすぎだと思いこの点数にした。

ナイスレビュー: 0

[投稿:2019-04-06 11:53:18] [修正:2019-04-06 11:53:18] [このレビューのURL]

温泉付きの下宿に幽霊、くノ一、鬼などの美少女が盛りだくさん。
わぁい、お尻とおっぱいがいっぱいだーな漫画。

絵は素晴らしい。かなり露出が多いが下品にならず健康的で可愛い。
連続イラストなら十分アリだが、やはり漫画として足りない。

コマ割りやセリフ、構図や密度のコントロール、テンションの上げ下げなど
まだ技術的に改善の余地がある。

単行本10巻を過ぎても全く成長していない。
才能と情熱はすばらしいので、自分の描きたい漫画で頑張ってほしい。


ナイスレビュー: 0

[投稿:2019-04-06 11:45:11] [修正:2019-04-06 11:45:11] [このレビューのURL]

離婚や再婚の繰り返しで複雑な関わりになった3姉妹+少女が
鎌倉で改めて4姉妹になっていく話。
傷ついた心をやさしく癒す鎌倉の魅力が詰まった漫画。

物語は序盤、中盤、終盤の3部構成。
序盤ではキャラクターの人となり、鎌倉の風土の紹介。
中盤はキャラクターが互いに関係を深めていく。
終盤は時間の流れとともにゆるやかに関係が変化して、
それぞれが巣立っていく。

序盤はすばらしい。
新しい街、新しい家族、新しい友達と何もかも新鮮。
だが中盤からは展開の焼き直しが多い。

単行本4巻ぐらいから何もかも予定調和でヌルい。
結局は仲良し同士で良かったね良かったねと言い合うだけ。
描写は丁寧で美しいが、9巻もかけるような話ではなかった。

ナイスレビュー: 0

[投稿:2019-03-11 12:49:54] [修正:2019-03-11 12:49:54] [このレビューのURL]

独り暮らしの男子大学生、久能整(くのう ととのう)が事件に巻き込まれて、
世間一般と少し違う視点から事件の本質に迫るミステリ漫画。
タイトルの意味はよくわからない。

BASARAや7SEEDSのような大河ロマンで有名な作者だが、
日常生活の中の繊細な感覚を大事にした作品もこれまで断続的に手掛けている。
忙しいとつい身近な人に甘えてしまうけど、覚悟して優しくしなきゃいかんというのがテーマ。
本作はその系統を突き詰めたもの。

作品としての特徴はセリフの多さ。
絵ではなくセリフを読む漫画として作られている。
セリフの内容は多岐にわたり事件と直接関係のない事も多い。
本作品においてキャラクターやストーリーはどうでもいい。
それよりも世界をこう見て欲しい、人や物事をこう考えて欲しいといった
世界観や価値観の提示が目的でセリフはそれを直接に担っている。

作品としての評価は微妙。
緻密に組み立てた労作で意図もわかるのだが、自分には合わなかった。
読みづらい。展開が全く頭に入ってこない。
そして作者の価値観が押しつけがましいと感じた。
ストーリーもいくら何でも荒唐無稽。
驚きのドンデン返しというよりも台無しのちゃぶ台返し。

評価は3点としたが決して手抜きや迷走の作品ではない。
価値観に共感できる人ならとても面白いだろう。
割り切ってチャレンジした結果が読者を選ぶ事になった。
大ベテランでありながら果敢な態度は立派。

ナイスレビュー: 0

[投稿:2019-02-10 20:00:18] [修正:2019-02-10 20:00:18] [このレビューのURL]

[ネタバレあり]

主人公は悪魔と戦う祓魔師の見習いでしかも悪魔の力で戦う。
組織内で孤立しながらも正義の心で仲間たちとの信頼を積み上げていく。

物語の導入はスピード感があってグー。
自分の出生、父の死、弟の真実と立て続けにネタが出てくる中で
主人公が主人公らしくキメていくのが気持ちいい少年漫画らしい少年漫画。

だったが、中盤から様相が変わる。
まずは一人前の祓魔師になるのが当面の目的だったはずが、
仲間の裏切り、新勢力の登場、仲間の過去、恋愛。
話と設定がどんどん複雑になり、もはや読者として意味が分からない。
誰も彼もがウジウジしてまったく話がすすまない。

作者の漫画をつくる力はすごい。
むしろ何故こうなるのかが判らない。

ナイスレビュー: 0

[投稿:2013-11-02 23:48:51] [修正:2019-02-10 07:26:06] [このレビューのURL]

[ネタバレあり]

学園もの+ヒーローの漫画。
超能力をもつヒーロー候補生の少年少女が大量に出て戦う。

序盤はすごく良い。
才能豊かな周りの奴と熱意以外にない主人公の対比。
襲い掛かる凶悪な敵、頼もしい大人たち。
すこしおかしなデザインと丁寧な絵柄も好感。

しかし中盤からの中だるみが酷い。
何も解決しないのに次々に新しいキャラが出てくる。
目先を変えるのに一生懸命になってしまい、
本筋のテンションが下がる悪循環。
しまいには主人公が誰かすら判らない。

しっかり終わったほうがいい。

ナイスレビュー: 0

[投稿:2019-02-10 07:20:11] [修正:2019-02-10 07:20:11] [このレビューのURL]

[ネタバレあり]

父子家庭の親子と女子高生が主人公の料理漫画。
妻に先立たれ子育てに苦労する父を見かねた女子高生が
いっしょにご飯をつくろうともちかけて・・・という話。

冒頭から序盤は抜群。
なぜ彼らが一緒に食事をしなければいけないかが丁寧に描かれている。
女子高生の側にもただの同情ではなく家族の食卓が必要なのがよく伝わる。
傷つき悲しい人たちが寄り添う姿をあたたかく美しく描く。

しかし中盤から一気にダメになる。
父子と女子高生がそれぞれに成長するに従い、関係を続ける理由が希薄になる。
なんとなく平和に日々が過ぎていく。

物語の大きなテーマが時間。
母を失い絶望する父子にも、進路に悩む女子高生にも時間は容赦なく過ぎていく。
その中でキャラクターが抗ったり選択したりといった事が
漫画的に求められるはずだが、本作では読者にとってなにも起きていない。

昔話に、いつまでも幸せにくらしましたとさ、という常套句を
そのまま漫画にしたような後半部分。
作画は素晴らしいがそれだけでは楽しめない。

漫画をつくる力が不足しているので、次回作に期待。

ナイスレビュー: 1

[投稿:2019-02-07 18:12:16] [修正:2019-02-07 18:12:16] [このレビューのURL]

<<前の10件
123456789