「森エンテス」さんのページ

総レビュー数: 348レビュー(全て表示) 最終投稿: 2010年10月15日

大阪の事を理解したかったら読むべき作品。

漫画としての物語は当然の事ながら、現在まで脈々と続く大阪の風俗を知る事が出来ます。

非常に長い作品で、絵柄も初期の頃の(それなりに)整った形から、終盤は抑えが効かないくらいに崩れてきますけど、内容自体はどこを切っても『じゃりん子チエ』です。

漫画単体としての評価以上に、後世に残すべき作品という気がします。

西原理恵子の『ぼくんち』は貧困や差別と正面から向かい合って描かれた作品でずっしりと心に残りますが、この作品も貧困や差別が溢れかえっている中、「気にせんから気にならんて」と言って流しています。

これが大阪なんだろうと思います。

たぶん、関東以北の地方の方には理解不能な世界でもあるとは思いますが、『こち亀』が東京の下町の風俗を描いた作品だとすると、この作品は大阪の風俗を描き切った作品と言えます。

ナイスレビュー: 2

[投稿:2011-11-15 21:52:16] [修正:2011-11-15 21:52:16] [このレビューのURL]

7点 童夢

この作品の評価は歴史的な価値にあるのだと思います。

日本SF大賞に輝いた作品であり、この作品の成功が後に『AKIRA』へと続き、『AKIRA』がアニメ化され、海外でのジャパニメーションの確立への道筋を作ったという意味において、非常に日本のマンガ史においての重要な作品です。

説得力のある本格なSFを表現するのに必要な画力がフルに発揮されており、その事が評価されている形は、物語的には大した事ない、一企業による環境破壊が舞台の3D映画『アバター』や使い古された救世主が主人公の『マトリックス』が大ヒットして評価されたのと同様の形です。

誰でも初めて観る映像には目を奪われ、凄いと思う。
時代が変われば「大したことない」と思ったとしても、最初にそのインパクトを与えた功績は絶大だし、評価されるべき部分だと思います。

ナイスレビュー: 2

[投稿:2010-11-26 00:24:34] [修正:2010-11-26 00:24:34] [このレビューのURL]

この作品は全てのマンガファンが出会って欲しい程の名作です。
内容は政治家とヤクザの世直し物語。

基本、熱血ではなくて、クールに激アツな作品が好きなので、この作品はド真ん中です。

TVに映る政治家連中にこの作品の読書感想文を書かせたいと思います。
中学・高校の図書室にも置いて欲しいです。

ナイスレビュー: 2

[投稿:2010-10-27 22:53:45] [修正:2010-10-27 22:53:45] [このレビューのURL]

自分にとって、理想の女性はと問われれば、「音無響子」と答えます。
綺麗で可愛いなんて反則です。

当時はある意味「のび太としずかちゃん」的な感じで読んでいましたけど、今にして見れば、五代くんが一刻館の面々よりも、響子さんの気まぐれとワガママに振り回されながらも、それを許容する心の広い男の物語と思っています。

自分にとって「ラブコメ=めぞん一刻」です。

ナイスレビュー: 2

[投稿:2010-10-20 20:05:44] [修正:2010-10-20 20:05:44] [このレビューのURL]

アニメ化もした作品で、石黒正数の代表作です。

あらゆるジャンルを網羅しても破綻しない世界観の構築がまず凄いと感じますし、物語の構成力がスば抜けて高いです。

そしてキャラクタも悪い印象のキャラはほとんどいませんし、安心して読めます。

時系列もバラバラの1話完結作品なので、どの巻から読んでても良いです。

メイドものと思って敬遠してましたが、大きな勘違いでした。
出会えてよかった作品です。

ナイスレビュー: 1

[投稿:2018-02-26 21:44:54] [修正:2018-02-26 21:44:54] [このレビューのURL]

[ネタバレあり]

素晴らしいの一言ですね、名作です。
映画館で観たい作品です。

最高の読後感を与えてくれて、それでいて読み手に問題提起もしています。

ナイチンゲールという実在した伝説の人物を主人公として、ファンタジーを絡めた作品なのですが、彼女の異能さを幽霊がフォローをすることで物語がどんどん進みます。

そして、生涯独身を貫いた理由も、作中にあるような理由であればいいと読んでいて本当に思わされましたね。

英国でこの作品が話題になって欲しいと思う作品です。

ナイスレビュー: 1

[投稿:2015-10-02 20:12:24] [修正:2015-10-02 20:17:19] [このレビューのURL]

[ネタバレあり]

18年の連載期間を経て無事完結しました。

読み手である自分自身が、この作品と出会った当時の恋愛観と現在の恋愛観に大きな変化がきたしているので、序盤にハマっていたが為に、中盤から終盤にかけての作品に入り込むのが難しくなってしまった気がします。

とはいえ、主人公であるヒロインが幸せなEDを迎えてくれたことが何よりかなと思います。

もやもやした恋人関係を続けている人にはオススメかもしれないです。
20代の恋愛観の作品という気がします。

ナイスレビュー: 1

[投稿:2015-09-24 19:07:12] [修正:2015-09-24 19:07:12] [このレビューのURL]

7点 幽麗塔

『医龍』のあとの作品だけに大丈夫だろうかと思っていたんですけど・・・・面白いです。

見事な作品だと思います。
実力がある作家なんだなとつくづく思いました。

乱歩とか好きなら、お勧めです。

ナイスレビュー: 1

[投稿:2014-11-03 19:47:37] [修正:2014-11-03 19:47:37] [このレビューのURL]

やっと連載終了しました。
出会いは中学時代なんで・・・・・・長かったな・・・・と。

今の作者は悪い意味でビッグになりすぎて、何を描いても「絵が良いんだよ」で済むようになってしまったところがあると思います。

ただ、この作品は連載開始当初は本当に奇跡のような作品で、当時のオタクの誰もが憧れた作品だったように思います。

中盤以降、終盤の際際まで雰囲気漫画となっていましたけど、最終話のまとめ方は当時ガツンとやられた世代として、感慨深いものがありました。

ナイスレビュー: 1

[投稿:2014-04-27 00:20:02] [修正:2014-04-27 00:20:02] [このレビューのURL]

最近のロードレース系作品では一番好きな作品でした。
一番の魅力は「絵」ですかね。

「シャカリキ!」の頃にはこんなにロードバイクが街中に増えるとは思わなかったな?と思いつつ、ここまで市民権を得てきた理由の一つにロードレース漫画の存在って有る程度の役割を果たしてきたと思う。

そんな外れの少ないロードレース漫画の中でも良質な一作です。
ドラマ性はそこまでないですけど、自転車愛は伝わります。

ナイスレビュー: 1

[投稿:2013-08-08 19:40:05] [修正:2013-08-08 19:40:05] [このレビューのURL]

<<前の10件
123456789