「臼井健士」さんのページ

総レビュー数: 438レビュー(全て表示) 最終投稿: 2010年06月18日

7点 AKIRA

[ネタバレあり]

連載当時は近未来を舞台にしたSFだったんですが、今や時代が追い付いてきて「現代」です。

第三次世界大戦後にしぶとく生き残った人々により「ネオ東京」として再建された。
「北斗の拳」よりも多少マシな世界で、不良少年の鉄雄が政府に連れ去られ薬物投与の末に超能力者となる。
政府は30年前の第三次世界大戦の引き金にもなったという「アキラ」のコントロールを目論んでいた・・・。

仲間を奪い返そうとする不良少年のリーダー・金田は、反政府のゲリラ組織と連携して「アキラ」の謎に迫っていく。

作風として特筆は「画の細かさ」でしょう。よくまあ、崩壊していく街をここまで細部まで描写出来るんだと驚きました。
登場人物は多数ですが、入れ替わり立ち代わりするため、印象に残るのは
・金田
・ケイ(ヒロイン)
・大佐(敵役のち協力者)
・鉄雄(ライバル)
くらいで、後はすぐに死んだり忘れた頃に出てきたりで活躍の場は限られます。

鉄雄の参謀だった男は登場シーンは多かった割りに、最後まで名前がハッキリしないなど不遇な最後。
「アキラ」は結局、ほとんど周囲の人間に連れ回されていただけですね。

画が吉田秋生先生の「バナナフィッシュ」に似ているなと当初思ったんですが・・・・逆か。
吉田先生の画が大友先生に似ていたが正しい!

ナイスレビュー: 0

[投稿:2014-08-30 20:58:56] [修正:2014-08-30 20:58:56] [このレビューのURL]

7点 大室家

「ゆるゆり」で登場する大室家の三姉妹の日常を描いたスピンオフ作品です。
内容は「ゆるゆり」の雰囲気とさしては変わりません。強いて言えば主要キャラが血縁関係のある
・18歳
・13歳
・8歳
の姉妹であるということ。それだけ。

ですので、ゆるゆり気に入っている方には安心の内容かと思います。
それにしても、なもり先生の創作ペースの早さには驚嘆です。
「男の子」が一切登場しない作風もまた驚嘆。

ナイスレビュー: 0

[投稿:2014-08-13 22:22:58] [修正:2014-08-13 22:22:58] [このレビューのURL]