「臼井健士」さんのページ

総レビュー数: 438レビュー(全て表示) 最終投稿: 2010年06月18日

思えば、四コマ漫画だった頃は「面白くも無く、かと言ってつまらないということも無い」という中途半端な漫画でした。

考えるに、これはゴージ・兵頭・ヤクザのジョージと言った個性的な登場人物の「個性」を四コマでは「表現しきれなかった」ということだと思います。それが毎回ごとに違った1本のゲームを題材にした「1話完結のストーリー漫画」に変更した途端に四コマのときとは比較にならないくらい面白くなりました。前述のキャラたちの魅力も余すことなく表現出来るようになりまして、いい「変更」だったと思います。

ただ・・・元々の主役の「タカちゃん」が影が薄くなって、悪役に近い役どころまでやらなければならなくなってしまったという欠点もありましたが。(初期の3人組の他の2人、マコちゃん・シゲ坊もそれなりに魅力アップしていた中での不遇な扱いか?)
それにしてもやはり全4巻は短すぎますよ・・・・。
しかもストーリーに移行して面白くなってからは実質2巻と半分・・・・・。

ナイスレビュー: 0

[投稿:2014-03-26 08:23:55] [修正:2014-03-26 08:23:55] [このレビューのURL]