「森エンテス」さんのページ

総レビュー数: 348レビュー(全て表示) 最終投稿: 2010年10月15日

村枝賢一はシリアスな物語と人情物語を描きわけることが上手い作家だと思っているのですが、この物語は人情方面の作品です。

読んでいて安心できるのが良いですよね。
個人的には主人公の眉毛が離れていたらプラス1点だったかなと。

漫画的表現ではありますけど、現代劇で出てくると不自然さを感じました。

ナイスレビュー: 0

[投稿:2015-01-16 23:30:11] [修正:2015-01-16 23:30:11] [このレビューのURL]

将棋で漫画として相当秀逸な作品です。

どの登場人物も一癖も二癖もありますし、ライバル物語でもあるので、この作者の作品として非常に読みやすいというか、とっつきやすい作品です。

是非読んで欲しい作品です。

ナイスレビュー: 0

[投稿:2015-01-16 23:14:01] [修正:2015-01-16 23:14:01] [このレビューのURL]

序盤は文句なしの面白さでしたが、物語が佳境に近づくにつれテンションは維持されているのもの登場人物に対しての共感や同化がしにくくなっていったような気がします。

でもこの作者の作品は総じて好きです。

ナイスレビュー: 0

[投稿:2015-01-14 20:27:28] [修正:2015-01-14 20:27:28] [このレビューのURL]

中盤から終盤にかけて物語が膨張し、それに伴い戦いの演出も大雑把になってしまった感がありますが、なんやかんやで毎週読んでいました。

ナルトとサスケの二人を軸に進んでいきましたが、それぞれの脇を固めるキャラクタにも物語が用意されていのは、上記膨張の原因ではありますけど、一大サーガを描きあがる上では良かったのではないかと思いました。

ナイスレビュー: 0

[投稿:2015-01-14 20:25:31] [修正:2015-01-14 20:25:31] [このレビューのURL]

YJで完結した作品も含めたレビューです。

まずは・・・普通にBIRZで予定していた作品として終了して欲しかったし、変なパラレルワールドの無い、ジュンの選択を見てみたかったというのが本音。

ドール達の行動も違ったような気がして、その点が残念なところですが、作品としてトータルで見れば、非常に良質な作品であったと感じます。

「萌え」はよくわかりませんが、楽しく読んでいました。

ナイスレビュー: 0

[投稿:2015-01-12 23:59:21] [修正:2015-01-12 23:59:21] [このレビューのURL]

登場人物達の少し変わった日常をツラツラと描きつづけるというこの手の作品全般に言えることでもあるのですが、フックが無いとツライかなと。

それぞれのキャラクタに個性もあり、物語もいいんですけど、毒が無い分、サラリと読み終えてしまうところがありました。

ただ、当時のBIRZの作品の中では安定したクオリティで楽しく読んでいました。

ナイスレビュー: 0

[投稿:2015-01-12 23:52:45] [修正:2015-01-12 23:52:45] [このレビューのURL]

文明の限界を超えた後は、このようにゆっくりと滅びを待つような世界になるのだろうか・・・・。

この作品は典型的な雰囲気漫画と言えますが、世界観がしっかりしているので安心して読むことができます。

個人的には最終巻近辺の主人公と人間達の時間軸の差に切なさを強く感じました。

主人公の性格をどのように受け取るかで好みは分かれそうですけど、こういう漫画作品があって、それなりの評価されているのは素晴らしいと感じます。

ナイスレビュー: 0

[投稿:2015-01-12 23:43:10] [修正:2015-01-12 23:47:56] [このレビューのURL]

前作と比べて、作品の世界に入り込めなかった部分があるのと、「結局なんだったん?」というクエスチョンマークが取れなかったので、こんな評価です。

雰囲気を含めて好きな作品ですけど、他者に薦める作品ではないのかなと。

ナイスレビュー: 0

[投稿:2015-01-12 23:47:08] [修正:2015-01-12 23:47:08] [このレビューのURL]

6点 軍鶏

紆余曲折ありながらも無事に連載の終了を迎えた格闘漫画ですが、主人公の設定のせいで複雑になってしまった感はありますが、終わりを目に出来たことはよかったと感じています。

大きく分けると、菅原との戦い、中国での戦い、トーマとの戦い、その後の4つのブロックに分けられると思いますが、結局は一番最初が一番の出来だったという事なのだろうと思います。

最後の戦いの相手が物足りないというのは、この手の作品で致命的な気がしますし、終わり方も含めて主人公のしてきた行為に対しての答えそこにあるのかなとも思いました。

ナイスレビュー: 0

[投稿:2015-01-12 23:38:37] [修正:2015-01-12 23:38:37] [このレビューのURL]

純なプンプンから目が離せない・・・状態が続いていたんですけど、段々黒く汚れてきて、あんな事になってしまうとは。

こういう物語展開をどのように思うかで評価が分かれるんだろうなと思います。
共感出来なかったですけど、雑誌に掲載されるのを楽しみにしてました。

ナイスレビュー: 0

[投稿:2014-12-22 20:46:39] [修正:2014-12-22 20:46:39] [このレビューのURL]