「kiki」さんのページ

総レビュー数: 471レビュー(全て表示) 最終投稿: 2011年01月23日

モデル並みの高身長&美貌のエイコ(バイトでバニーガール)とキリエ(あまり仕事しない文筆業)が神戸でのほほんと同居生活を送る物語。
物語最初は税務署員のマキちゃんとの恋愛物語かなーと思いきや、巻数が進むごとにエセベジタリアンのエイコの料理漫画?代官山住まいのこれまた美女の友達との東京や神戸の旅行ガイド?となんだかストーリーがあってないようになってきます。

明らかに作者さんが体験してきた旅話などを、物語のヒロイン美女二人に(時々三人)やらせて披露って感じかな。
台湾でウーロン茶の茶摘み&お茶制作とか徳島ですだち狩りとか…。
まぁそれなりにおもしろいし、二人の美しさや衣装、また素敵な生活の知恵っぷりが楽しめていいんだけどね。
でもあの八畳一間で色々手作りとか数々の素敵なお洋服とかはどう考えても入りきれないよね…。

ナイスレビュー: 0

[投稿:2015-09-17 00:27:37] [修正:2015-09-17 00:27:37] [このレビューのURL]

頭がいい中高生達が株式などで投資をする物語だけど、最近の三田先生の作品らしく正直ストーリーは別に特に面白くはないかな…という感じだけど、資産運用や株の買い方、日本経済の歴史、ベンチャー企業の日本における現状などなどウンチクが面白いです。

投資に興味がない人は多分楽しめないかも…ウンチク漫画好きには良作!

ナイスレビュー: 0

[投稿:2015-08-11 01:40:19] [修正:2015-08-11 01:40:19] [このレビューのURL]

心理学を専攻し院まで出たものの職にあぶれてしまった25歳ヒロインが、ハウスキーパーをするうちにひょんなことから高齢童貞男(って36歳だけど)に雇われて契約結婚をすることに。同居はするものの籍っは入れずに家事をすることによって給料が支払われるという不思議な形態。

恋愛以外はなんでもそつなくこなす夫役の津崎は恋愛に関してはこじらせ系。
ヒロインみくりは心理学を学んだだけあって人に対する分析はするどいものの、妙な妄想壁があってかわいらしい感じ。
そんな二人が徐々に不器用に歩み寄っていくのが少女漫画らしい恋愛でほほえましい。けどそんなじれったい恋愛面よりも、二人以外のみくりの叔母(52歳独身)や、津崎の同僚のモテモテ男など様々な人物たちを通して結婚観や独身の気楽さや問題点、はたまた仕事についてなどが語られていてかなり面白いです。
世の中には色々な生き方がありますよねー。

結婚はもうしてるからゴールは就職!?
先が楽しみな作品です。

ナイスレビュー: 0

[投稿:2015-08-11 01:33:02] [修正:2015-08-11 01:33:02] [このレビューのURL]

題名通りの江戸時代ものの酒と肴や遊びの解説みたいな漫画。
ラズウェルさんらしいストーリーはあってないような感じだけど、ウンチクは沢山詰まっていて楽しめます。
この時代にもビニールハウスみたいなのがあったんだなー。とか、タイのお寺では今でも普通にやっている放生会って昔は日本もやってたんだ!などなど漫画で楽しみながら知的好奇心を刺激させていただきました。

ナイスレビュー: 0

[投稿:2015-07-28 11:59:12] [修正:2015-07-28 11:59:12] [このレビューのURL]

人とは少し違う体質をもったため、もののけが見えてしまったりとり付かれやすかったりする姉妹が、対処に慣れている祖父とともに対処する基本短編な物語。

よくある妖怪退治してオシマイ!っていう感じではなく、いかに無事に避けたり共存したり見て見ぬふりをするかという対処の仕方に物語を本当っぽくしているのが面白いとは思うのですが…お姉ちゃんの回のトーンが暗すぎる。一応成長しているっぽいけど同じことの繰り返しのように私には思えて読んでて途中だれてしまったりしました。
一気読みするタイプの漫画ではないかと。

ナイスレビュー: 0

[投稿:2015-06-14 00:35:23] [修正:2015-06-14 00:35:23] [このレビューのURL]

将来世界で活躍するジャズプレイヤーになる(各巻に未来からの周りの人々のメッセージがあることによって明らかにされている)仙台に住む高校生宮本大の半世紀…かな。

どのようにジャズに出会い惹かれていって演奏に夢中になっていくか、周りの人々との関わりとともに丁寧に描かれています。
主人公はジャズに真っ直ぐで気持ちのいい青年だし読んでて面白さに安定はあるけれど…もう少しめげたりやさぐれたりしてみてほしいかなぁ。
「岳」のサンポさんみたく超人すぎるのが気になって。それが味だといえばそうなのですが。

あと個人的にはいくら河原といえども、夜中にあんな大音量で練習するのは迷惑すぎると思うのですが…(背景に家が描きこまれてたし…)

色々なジャズの名盤や様々な人々の演奏の話も面白いです。
これからどのような道をたどって成功していくのか楽しみです。

ナイスレビュー: 0

[投稿:2015-06-14 00:04:02] [修正:2015-06-14 00:04:02] [このレビューのURL]

主人公バツイチの45歳の女性って「BE・LOVE」という雑誌は私達中高年女性を狙いにきてますねー。
そら紙の雑誌買って漫画読むって若い人口減っていってるし、携帯で漫画が読む子が増えてっているから戦略的にはいいんじゃないかと。

それにしてもヒロインは一見普通な感じだと思いきや、元不登校だったり対人関係がうまくいってない人だったりで、空回りしたり娘に上手いこと対処できなかったりで、読んでいて胸が痛くなります。

不器用なたかこさんが変わろうと奮闘したり、恋をしての心の機敏さの表現や、
不思議な居酒屋さんの面々とのやりとりなどかなり楽しめる物語です。

続きが楽しみな作品です。

(4巻まで既読)



すいません、何故か巻数が入りません。
お後の方よろしくお願いします。

ナイスレビュー: 0

[投稿:2015-06-13 23:43:23] [修正:2015-06-13 23:43:23] [このレビューのURL]

今のところ主にスパゲティ屋さんで働いているすーちゃんが、カメラ片手にバイクでフラリと撮影にでかけると毎回のように5分間だけ不思議な体験をする短編。

これは…「ヨコハマ買い出し紀行」の舞台が現代の現実っぽくなっただけじゃないですかー!
主人公のすーちゃんもバイクもカメラも風景や幻影でマッタリするところも私には同じような感じにしか思えないんですけど…まぁまだ一巻だしこれからなのでしょうか!?

私はヨコハマの世界観や表現が大好きだったからこれも好みと言えば好みなんだけど、違う作品ではもう少し違う切り口で魅せてほしいなぁ。

(既読一巻)

ナイスレビュー: 0

[投稿:2015-06-13 23:05:53] [修正:2015-06-13 23:05:53] [このレビューのURL]

前半部分のちーちゃんのあまりの足りなさに
「え?これ漫画にしちゃっていいの?」
と躊躇しましたが、後半のダークさには読んでいて胸がキューっと縮まされ引き込まれました。

あの年頃の人と比べてしまう気持ちや、誤解などを天真爛漫なちーちゃんを通してよく描けていると思います。
読後がまずいので読み返したいとはあまり思いませんが…。

ナイスレビュー: 0

[投稿:2015-04-10 15:53:41] [修正:2015-04-10 15:53:41] [このレビューのURL]

ほんわかした絵柄でなんというか絶妙な物語の進展さがあって楽しめました。
運動部の少女に書道部の少年って「とめはね」!?と思いきや、性転換した兄の探偵や、新興宗教に超能力まで出てきて物語の先が読めない感じがまたいい。
ラストは超甘酸っぱいし!

ナイスレビュー: 0

[投稿:2015-04-10 15:39:54] [修正:2015-04-10 15:39:54] [このレビューのURL]