「s-fate」さんのページ

総レビュー数: 844レビュー(全て表示) 最終投稿: 2009年12月08日

 冒頭で「ラノベ原作 キャッチーなタイトル 本を食べる文学少女というあざといキャラ付け」というところから、それなりの出来でも良いかと思いましたが、期待以上でした。たった3巻で繰り返される主題を納めながら多段のオチを描いているのは見事です。
 太宰を題材にしてたたみかけるように、狭い視野でものを見る危うさを教えてくれる良い作品です。

ナイスレビュー: 0

[投稿:2012-03-21 22:56:35] [修正:2012-03-21 22:56:35] [このレビューのURL]

 清々しいくらいのド少女マンガですね。寺とか教会とか舞台がちょっとひねってありますが、一巻を読む限りは平和で安心して読める少女マンガだと思います。
 個人的には今もこういう絵柄でこういう話に需要があることにちょっと安心します。
 少女マンガの古典的かつ普遍的なところは押さえているいいマンガだと思います。

ナイスレビュー: 0

[投稿:2012-03-19 01:47:26] [修正:2012-03-19 01:57:23] [このレビューのURL]

 ひぐらし第一作。後半の怖さを体感するには実は前半のキャラの濃い萌え要素に支えられた日常描写に耐える必要があります。ここをクリアできるかできないかが一番の山だと思います。一度山に登ったからこそ谷までの落差が大きい。この落差がこの作品の面白さです。
 個人的にはこの前半の濃さは原作>>マンガ>アニメという感じです。ただしマンガは原作と違い視覚に訴える部分で主に怖さの増幅に成功していると思います。
 それぞれのメディアにそれぞれの良さがあるので、まずは手軽なマンガから、というのは充分アリだと思います。

ナイスレビュー: 0

[投稿:2012-03-01 00:58:01] [修正:2012-03-01 00:58:01] [このレビューのURL]

月別のレビュー表示