「s-fate」さんのページ

総レビュー数: 842レビュー(全て表示) 最終投稿: 2009年12月08日

[ネタバレあり]

 モノクロとカラーで二つの話が進み、モノクロのほうではいつもの同業者いじりや歴代珍引っ越し裏話などを加えてフィクション仕立てのマンガ家マンガ、カラーの方はその未来?…という凝った作りです。二つの話は見事に融合し、下ネタマンガ家にもハッピーエンドは訪れ、その血脈は密かに引き継がれるという、久米田さんの遺作としては最高じゃないかと思うほど良くできています。いや久米田さん死んでないし今後も活躍して欲しいですけどね。

ナイスレビュー: 0

[投稿:2020-07-26 07:57:59] [修正:2020-07-26 07:57:59] [このレビューのURL]

[ネタバレあり]

 妻を亡くしてステージに立てなくなったピアニストとペットショップで売れ残ってリーチがかかったブサ猫との話です。基本的にイケメンおじさんと猫の触れ合いにより生きる意味を失いかけたおじさまが周囲の助けもあり徐々に復帰していく話と猫あるあるの二本柱で進む感じです。癒し系のマンガです。表紙の猫におじさまがキャラ崩れレベルでデレる様がみたい人はどうぞ。

ナイスレビュー: 0

[投稿:2020-01-26 07:41:23] [修正:2020-01-26 07:41:23] [このレビューのURL]

ファーストとZの世代にはストライクだと思います。終戦したからハイ終わり、とならない戦後処理の難しさ、人材喪失による若年層の大胆登用など、ありうる問題を織り交ぜつつ、空白の期間の主にシャアとハマーンの背景を見事に描いていると思います。MSもサービス的にいくつかマニアックなものが登場します。

ナイスレビュー: 0

[投稿:2019-04-07 07:07:03] [修正:2019-04-07 07:07:03] [このレビューのURL]

 結果として、あらすじはあんまり気にしなくていいと思います。おそらくキャラが一人歩きしてしまって、それが作者も面白くなってしまって、気づいたらどうしてこうなった、という感じだと思います。これほど破天荒なマンガがこの時代に出てくるとは、なんでも規制のこのご時勢も、まだ捨てたものではないと思えます。

ナイスレビュー: 0

[投稿:2019-03-18 19:21:56] [修正:2019-03-18 19:21:56] [このレビューのURL]

小難しいこと考えないで業界への怨嗟やら何やら負の感情をギャグを織り込み整理しないままぶつけてくることを楽しむマンガだと思います。すでに複数の作品で実在マンガ家にして頭髪に反比例した異常に濃いキャラ立ちを見せつける藤田和日郎さんまで登場してきて面白くなってきています。

ナイスレビュー: 0

[投稿:2019-03-16 08:56:12] [修正:2019-03-16 08:56:12] [このレビューのURL]

 ドラマのコミカライズ風ですが、逆なんですね。主人公が過去に巻き込まれた事件の解明と科捜研のお仕事と日常の二本立てで進められます。作者が元科捜研の人ということもあって、読みやすいのに適度に詳しくてスイスイ読めます。なんとなく話の筋は読めますが、二本立てが効いていて、それでも続きが読みたくなるいいマンガだと思います。

ナイスレビュー: 0

[投稿:2019-02-16 09:33:49] [修正:2019-02-16 09:33:49] [このレビューのURL]

[ネタバレあり]

いいスピンオフだと思います。まず手塚風の時事ネタを入れ込む手法や、特に小ゴマで使われている独特の間の再現がうまい。もう一つはキリコというブラックジャックで印象深いキャラクターをあえて現代の設定で蘇らせているところです。キリコといえば安楽死です。当時は戦場の理論を日常に持ち込む異物的なキャラクターでしたが、超高齢化社会と化し、さらに医療が発達した今、なぜかマイルドなキャラクターになっていました。後半で妹が現代介護医療を持ち出してキリコの邪魔をしますが、どうなんでしょうか。時間軸を無視して「苦しんで長生きするより、穏やかな終焉を」という点だけ抽出すれば、違いが感じられない。キリコは時代を経て異物ではなくなっているのではないか?マイルドに感じたのはそのせいか?とも思えます。

ナイスレビュー: 0

[投稿:2019-01-23 22:57:13] [修正:2019-01-23 22:57:13] [このレビューのURL]

[ネタバレあり]

 生まれた時点で魔法使いになれるかどうか決まってしまうはずが、ひょんな事から憧れだった魔法使いの弟子になる。弟子を続ける試練もあるが、帽子で判別できる敵対組織との戦いに巻き込まれ、というような話です。世界観もしっかりしており、絵も細かく密度の濃いものです。まずは一巻を読んでみることをお勧めします。

ナイスレビュー: 1

[投稿:2018-10-20 12:00:53] [修正:2018-10-20 12:00:53] [このレビューのURL]

このマンガは企画の勝利だと思います。「あのゆうきまさみがBL?」という話題性と大ベテランが描くマンガ家マンガ。若い人が描くそれとは違い経験からくる深みがある。さらにBLパートの着色には本職のBLマンガ家が名を連ねる。そして変に長くならないうちに終了。やたら長編にしたがる今では、なかなかお目にかかれない贅沢なつくりだと思います。

ナイスレビュー: 0

[投稿:2018-02-04 21:52:46] [修正:2018-02-04 21:52:46] [このレビューのURL]

 この手の女の子が集まってわちゃわちゃしてる4コマの中では「あたり」だと思います。体操と言っても先生と一名を除いて素人なので技量的にはかなり差があるけどその分伸びしろが多いとも言えるので、読み手は積極的に楽しく部活やってく(といってもサボリ系ではない)姿を眺める側として、終始楽しく読めるよいマンガだと思います。

ナイスレビュー: 0

[投稿:2017-10-07 08:36:48] [修正:2017-10-07 08:36:48] [このレビューのURL]

<<前の10件
123456789

月別のレビュー表示